事故車買取に出すことになった話

事故車買取に出すことになった話

比較的交通量の多い国道で信号待ちをしていた時に、後ろからスピードを落とさずに走ってくるトラックの姿がバックミラー越しに見えて、そのままその車が私の車に追突してきました。 車に乗っていたのは、私と妹でした。バックミラーを見ていてぶつかる予測はしていたものの、こちらはセダンタイプの乗用車であちらはタイヤ会社のトラックでしたので、私の車は廃車にするしかない程、つぶれました。 乗っていた私たちも打撲という状態でしたけど、すっかり体調が良くならないまま、ある程度の治療を受けて、示談という形になりました。 相手は1度、菓子折りをもって上司と挨拶に来ただけで、終わり。 もっとしっかり治療を受けておけば良かったかな・・・と思います。


3斜線道路の大型交差点の先頭から2番目に居た際、右折レーンで待機していた。信号が変わり前方の車が発進したが歩行者と自転車が通行していたのを目視できていたので、スペースを十分に確保したままで交差点内へ侵入、対向車側は既に渋滞していた為、往来は歩行者と抜けてくるバイクに注意を図る程度で可能だった。その瞬間、ドンと鈍い音が聞こえ直ぐに飛び降りてみると後続車がBMWでバンパーがぶつかっている状態だった。直ぐに携帯で写メを撮り、警察に連絡をしました。当方はレンタカーの上に、幼児から90才の年寄まで乗せた8人乗り。警察が来て現場検証が始まると、警察官に大丈夫だよね?と言われ、いいえ病院に行きます。と云うと、え?病院行くの?と聞き返される始末。20km位しか出てなかったよ。大丈夫でしょうと念押しされましたが、後から何かあっては3才未満と10歳未満が2人も乗ってて困るし、大人だって病院へ回りますと伝えると、渋々本署に連絡するから行ける?という始末。本署の交通課で、その対応も否定させて謝罪してもらいました。子供は全治1週間程度の鞭打ち、大人は全治3か月から半年と言われ、老人は多分ずっと何か支障が出るかもしれないでした。ほんの少しの接触でも、事故には変わりません。ぶつかった人は携帯をいじっての見切り発進だったそうです。保険会社が大手だったこともあり、対応は早かったですが営業マンの催促が1ヶ月程度から毎日くるようになったのには、困り果てました。


信号待ちだったのか、ただ道が混んでいただけなのかは、忘れましたが、止まっていて玉突き事故にあいました。4台の玉突き事故の前から2台目でした。 家から高速を使って、2時間ぐらいの他県の友達のところに遊びに行っていたところで事故に遭いました。 最終的に、色々な支払いは、最初にぶつかった車の人の保険でされるのですが、 まずは、自分が入っている保険会社に連絡しなくてはと思い、 連絡をしたのですが、全国展開の大きな保険会社だったからか、 事故に遭い、動揺している自分に対して、あまり親身になった対応がしてもらえなかったと感じ余計不安になりました。 自宅まで帰るのに、 夕方に事故にあったのと、公共交通機関の本数が少ない場所だったので、 タクシーを使って帰りたかったのですが、 自宅まで帰る方法が、 電車かバスではないと支払いの対象にならないと言われてしまいました。 なので、友達の家に泊めてもらい、翌日レッカーで車を家の近くの工場まで運んでもらう際に、 一緒に乗せてもらい帰ってきました。 一番 保険会社の負担にならない方法を使ってしまいましたが、 精神的に楽な方法を選んでしまいました。 ただ、自分の入っていた保険会社ではなく、事故を起こした人の保険ならもしかして、タクシーで帰れたかもと後から思いました。


接触事故。 こちらは原付、相手は自動車。 信号機のない交差点で、優先道路は自分の方、一時停止をして優先道路の通行者が通りすぎてから、発進しなければいけないのが相手側。 普通に原付で交差点に進入、したつもりが、なぜかこちらが一時停止をすると判断した相手側。こちら側は一時停止の義務がない交差点である為速度を落とさず進入。 結果は、相手の車の脇腹に追突。 原付なので速度をそれほど出せない為、打撲程度のけがですみました。 学生時代の一人暮らしをはじめて間もない時の事で、世間知らずの自分は結局相手に丸め込まれる形に。近くに親がいればなあと思ったものでした。


私は原付バイクで通勤中に園児バスと接触事故を起こしました。 園児バスの運転席前側角のバンパーの部分に接触。原付バイクは大破しましたがうまく避けることができて怪我も擦り傷程度で済みました。 事故原因は見通しの悪い上り坂。私自身原因は五分五分だと考えていました。警察も来ましたが示談ということに。原付バイクは借りていたもので、私自身保険にも入っていなかったので園児バスの修理代に悩まされました。園児達も怪我はなかったのですがあとからの親御さんたちの対応のことまで考えると修理代を値切るということはなかなかしづらく何かあった時には園児対応を幼稚園側が行うということで私が16万円のバスの修理費を支払うという形で示談しました。 プランにもよりますが保険に入っていなかったこと、運悪く相手が園児バスだったことは自分の財布にはだいぶ痛かったなぁと思います。 原付バイクも弁償ですし。 まぁ身体は大した怪我もなくお金ですんだことはよかったのですが。


深夜、ドライブをしていて信号が黄色に変わったため、 ブレーキを踏んだところ、後ろの車がスピードを出していたため止まり切れずに追突。 乗っていたのは免許取立ての若い男性二人。 警察が来てから話を聞いてみると、任意保険に入っておらず、 自賠責の書類についても持っていないとの話で話が要領を得ず、 結局連絡先だけ交換してそれぞれ帰ることに。 当然、追突された車の修理費は発生するものの、保険に入っていないため、向こうは時期にフェイドアウト。最終的に保険会社に求償してもらうことで修理できたものの、こちらではなく相手が保険に入っていない場合、どうしようもないため大変苦労しました。


事故の痛い話  事故車買取に出すことになった話